パソコンは現代において必要不可欠のものです

IT業界の進歩は目覚ましいです

パソコンが本格的に利用され始めてから20年以上は経ちますが、最近はほとんどの家庭でパソコンを所有しているでしょう。特に普及に大きな影響を与えたのがインターネットです。インターネットを使えば、必要な情報がすぐに得ることができるので、最近は分厚い辞書などを使う人も少ないです。最近は、テレビはなくてもパソコンを複数台持っていると言う人もいるほどです。デスクトップでは無くても、ノート型やタブレット、スマートフォンなどと考えれば、持っていない人の方が少ないでしょう。仕事の面においても、書類などはほとんどの場合がワードやエクセルなどを利用して作られるので、今や仕事をするためにも必要最低限の知識と技術は不可欠です。

注意が必要なこともあります

仕事の資料にしても、プライベートの資料にしても、ほとんどがデータ化されてインターネットで世界中と繋がっているので、データの自己管理やセキュリティに関しては注意が必要です。IT業界の発達が目覚ましいのと同時に、新しいウイルスも開発されているし、ハッカーの技術もあがっています。個人で出来ることとしては、少なくともバックアップをとっておいたり、データとして消えたら困る物は印刷したりして紙で保存しておくことです。写真などもすべてを印刷すると、昔のように膨大なアルバムになってしまって、データの意味が無くなってしまうので、本当に大切な写真だけでも印刷して保存しておくと良いでしょう。もちろん、ウイルス対策ソフトは必ず入れておくことです。