最近のパソコン事情について

デスクトップ型パソコンの種類について

以前はパソコンと言えば、デスクトップ型か、ノート型のどちらかしかなかったですが、今ではその種類も増えて、デスクトップ型だけでも大きく3つに分類する事ができます。まず1つ目ははタワー型デスクトップです。性能、拡張性、サイズ共に最大のパソコンです。2つ目は省スペース型デスクトップです。これはタワー型を小さくした物です。タワー型ほどではないですが、性能、拡張性は高いです。3つ目はモニター一体型デスクトップです。20インチ以上のモニタを内蔵した本体とモニターが一体になっています。タワー型デスクトップに次ぐ性能を持ち、テレビ視聴可能な機能を備えていることが多いです。デスクトップ型は大きくこのような分類ができます。

ノート型の種類について

次にノート型パソコンの種類についてですが、こちらも大きく3つに分類する事ができます。まず1つ目はオールインワンノート型です。特徴としては、モニターサイズ12インチ以上で光学ドライブを搭載しているタイプとなります。サイズ、重さ的に持ち歩くことを前提とはしていませんが、デスクトップ型と比べると机の上を広く使うことができます。2つ目は、モバイルノート型です。モニターサイズは14インチ以内で、小型軽量タイプになっています。モバイル特化型なので、バッテリー性能が良いですが、性能面ではオールインワンノート型には劣ります。3つ目はタブレットPC型です。これは、モバイルノート以上に軽量化されているものです。サイズは様々ですが、12インチ以内の物が多いです。キーボードは付属、もしくはオプションとなります。