パソコンを買うときに考えること

そのマシンの用途は何ですか

パソコンを買おうとするとき、あなたならまず何を考えますか。お値段でしょうか、性能、それとも両方でしょうか。メーカーはどれがいいのか、ノートがいいのかデスクトップ型がいいのか等など検討項目はいくらでもあります。まずは、そのパソコンをどのような目的で使うかを考えてみると良いと思います。
ネットの閲覧や簡単なメールのやり取りだけなのか、PC上で動画編集などを行うのか、高スペックPCでないと動かないようなゲームをプレイするのかなどなど。もちろん、十分な予算があればすべてをこなすパソコンをゲットすることは可能ですが、予算に限界がある方も多いと思いますので、なるべく自分の用途にあったパソコンを購入して金額を抑えることは無駄な事ではありません。

どの部分に強いパソコンを買うか

また一概に性能が良いパソコンといっても、画像処理性能が良いのか、CPUの処理能力が高いのか、それともメモリーや記憶装置のスピードが速いのかなどといろいろな選択肢があります。3Dゲームなどをプレイする方は画像処理能力、CPUどちらも強力なものが必要でしょうし、それほどパワーがなくても良いならSSDなどを導入して起動時間などを著しく短縮することなどに予算を振り分けたほうがよいでしょう。
また、大きなデータを処理する必要がある方はRAMやハードディスクの量をアップした方が快適に作業ができると思います。またwindowsやiosなど、オペレーティング・システムの違いも使用感に大きな変化をもたらします。とは言ってもいきなり細かいスペックを指定するのが大変なこともあると思いますので、まずはショップなどで店員さんに、または周りにいる詳しい友人の方に用途を伝えて見積もってもらうのが良い方法かもしれません。